【ピンサロをオススメしたい男性タイプ】こんな人はピンサロを選ばないと損する!

9月1日更新
366件のお店を掲載中!

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ】こんな人はピンサロを選ばないと損する!

画像準備中

「ピンサロ」は、安価でヌクことが出来るので非常に人気のある風俗業態です。しかし、風俗店は「ピンサロ」だけではありませんよね。ソープランド、デリヘル、ファッションヘルスなど、世の中には「ピンサロ」以外の風俗業種がたくさんあります。たくさんの風俗業種が存在する中、「風俗にお金をつぎ込めばつぎ込むほど、気持ちよくて満足できる体験ができる」と思っている方はいませんか?よっていつも利用する風俗業種は、ソープランドやヘルスばかりで、料金が安いピンサロは最初から選択肢に入れていない、なんてことはありませんか?

いえいえ、風俗にお金をかけなくてもあなたはしっかりと満足できるかも「タイプ」なのかもしれません!つまりは、あなたは(安い)ピンサロでもしっかり満足できるタイプなのかもしれませんよ!ピンサロで十分な満足感を得られれば、出費も抑えられて一石二鳥ではないですか!

ならば、(もしもあなたがピンサロを選択肢に入れていないのならば)今一度、自分はピンサロを利用すべきかどうか、考える時です。
そこで今回は、ピンサロのメリットと特性を考えつつ、どういう男性がピンサロに向いているのか(ピンサロをオススメしたい男性タイプ)についてお話をしていきたいと思います。

話が長くなりますので、まずは結論から申し上げておきます。
ピンサロを(強く)オススメしたい男性タイプは、
・とにかく安く遊びたい、お金を節約したい男性
・風俗の利用回数を増やしたい男性
・時間を節約したい男性、忙しい男性
・女の子と話すのが苦手な男性
・女の子に一方的に攻められたい男性
・とにかくフェラしてもらえば満足する男性

の6タイプです。上記6タイプに該当する男性ならば、「ピンサロ」は高い満足感を与えてくれると断言できます。

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ①】とにかく安く遊びたい・お金を節約したい男性

「ピンサロ」は、非常に安い値段で楽しめる風俗店であり、しかもフェラチオサービスによって「ヌキ」があるわけです。「ヌキ」あり風俗の中でも、「ピンサロ」は最安値の風俗と言っていいでしょう。

「ピンサロ」の料金相場は、都内であれば30分5,000円~6,000円くらいです。指名料は1,000~2,000円ですから、基本プレイ料金と指名料を合わせても6,000円~8,000円となり、1万円を大きく切る価格です。
また、地方のピンサロ店の場合、プレイ時間が40分~60分と長くなることが多いですが、それでも基本プレイ料金は6,000円~8,000程度です。要するに、どこのピンサロ店であっても(ほぼ)絶対的に出費額は1万円を下回るのです。

しかし、ピンサロ以外の業種の風俗店では絶対的にピンサロほどプレイ料金を安く抑えることができません。ファッションヘルスなどの店舗型風俗店ならば、どんなに安いところでも、基本プレイ料金だけで1万円~15,000円以上するでしょう。ソープランドならば、ファッションヘルスの価格をさらに超えてくるお店が多いです。
デリヘルならば、どんなに安くても基本プレイ料金が60分1万円前後で、相場は1万円台後半です。さらデリヘルの場合には、(プレイ場所が自宅でなければ)別途ホテル代(ルーム代)が加算されます。要するに、ヘルス、ソープランドの場合は、どれだけ安く見積もっても2万円~3万円以上の出費を覚悟しなければいけない、ってことです。

総じて、「ピンサロ」は他の風俗業種より、1/4程度までに出費を抑えることができるのです!

【想定説明】風俗利用をピンサロに限定した時の出費額は?

もしあなたが、月に1回デリヘルを2万円(ホテル代込み)で利用していたとしたら、年間で2万円×12カ月=[24万円]を出費していることになります。
では、月に1回ピンサロを利用したとすればどうでしょうか?ピンサロの利用代金を高く見積もって「7,000円」と過程した際、年間で7,000円×12カ月=[84,000円]を出費することになります。
となると、[月1回のデリヘル利用]と[月1回のピンサロ利用]の差額は、24万円-84,000円=[15万6,000円]です!つまり、毎月利用しているデリヘルを「ピンサロ」に置き換えるだけで、年間で15万円以上ものお金を節約することができるのです!こんなに節約できるなんて、素晴らしいではありませんか!

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ②】風俗の利用回数を増やしたい男性

「ピンサロは安いから節約できる」と前述しましたが、考え方を変えれば、「ピンサロは安いから利用回数を増やすことができる」とも言えます。例えば、月に1回デリヘルを2万円(ホテル代込み)で利用していたとして、ピンサロの利用代金を高く見積もって「7,000円」と過程した際、デリヘル1回の利用代金は、ピンサロ約3回分の利用代金に匹敵します。つまり、「デリヘル1回分をピンサロ3回分に置き換えることができる」ってわけです。となると、毎月デリヘルを1回利用している人は、ピンサロを月に3回(年間で36回)も利用できるわけです。

特に、風俗店でお気に入りの女の子を見つけたら何度も通いたいと考える方にとって、コスパが高いピンサロはうってつけです。ピンサロでお気に入りの女の子が見つかったならば、「ピンサロ」は安いので、その分多く通うことができます。しかしながら、デリヘルやソープランドでお気に入りの女の子が見つかったら、金銭的にかなり厳しくなるケースが多発するでしょう。本指名(同じ女の子を2回目以上指名すること)の場合は、プレイ料金に本指名料が加算されますし、割引などの優遇を一切受けることができないことが多くなります。つまり、「本指名」はこれ以上節約したくてもできないのであります。一度にデリヘルやソープランドで2~3万円以上を出費すると考えたら、たとえお気に入りの女の子が見つかったとしても、利用回数を減らしたり、プレイ時間を削ったりして、「節約」に努める男性は増えることでしょう。プレイ料金が安い「ピンサロ」では、デリヘルやソープランドほど「節約」に努める必要はなく、「カツカツに生活する」とか「切り詰めて生活する」などのストレスから解放されるはずです。

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ③】時間を節約したい男性・忙しい男性

人にとってお金と同じくらい大事なのは、間違いなく「時間」であります。失われた「時間」は二度と返ってきません。私たちにとって、限られた人生の時間を有意義に(有効に)使うことは非常に重要です。ならば、風俗を利用する時だって「時間」を有効に使うべきなのです!

風俗って、いろんな場面で結構「時間」を浪費しますよね。女の子を選ぶのだって、風俗店への移動だって、待ち時間だって、プレイ時間だって。風俗ユーザーは自身の貴重な「時間」を削って、風俗利用に「時間」を捧げるのです。「時間を有効に使う」ことを考えると、「ピンサロ」は「時間」を惜しむ男性に大変オススメできます。というのも、「ピンサロ」はあらゆる風俗業種の中で、もっとも「時間」を節約できる風俗だからです。

【ピンサロ利用で時間が節約できる理由①】プレイ時間が短い

「ピンサロ」はあらゆる風俗業種の中で最も「プレイ時間が短い」業種です。「ピンサロ」では、多くの店がプレイ時間を「25分~30分」に設定しています。一方で、ヘルスやソープランドは、どんなにプレイ時間が短くても「60分」は必要であり、サービス内容や準備時間を考えた際に「60分」では足らず、「60分以上~90分」の時間が必要となる場合があります。となると、「ピンサロ」のプレイ時間は、ヘルスやソープランドが必要とするプレイ時間のおよそ「半分~1/3」の時間で済んでしまうのです。

事実、プレイ時間が短い「ピンサロ」を好んで使う男性に中には、「仕事で忙しい人」「会社帰りに利用したい人」「主要な用事のついでに風俗店を利用したい人」など、[合間をぬって風俗店を利用したい方]が多くいるのであります。つまり、「ピンサロ」を利用すれば、「ピンサロ」を主要な用事として位置付けする必要はなく、「何かのついでに」という考え方でピンサロを利用できるのです。

【ピンサロ利用で時間が節約できる理由②】待ち時間がほとんどない

「ピンサロ」はプレイ時間が短いですから、当然のことながら客の「回転が速い」です。ピンサロの客の回転率がいかにいいか、客の回転率が高い牛丼チェーン店を想像してみてください。牛丼チェーン店では、あまり待つことなく食事することができますし、たとえ待ったとして数分で案内されます。「ピンサロ」はまさに牛丼チェーン並みの回転率であると言っても過言ではないでしょう。よってピンサロ客は待合室で待たされるということがほとんどありません。基本的にピンサロでは、空いていれば入店してすぐにプレイ場所へと案内されますし、たとえ待合室で待つことになったとしてもものの数分で案内されるでしょう。一方で、店舗型ヘルスやソープランドは、個室の数が限られていますから、待合室にて十数分、時には何十分と待つことはざらにあります。先客がいた場合は、プレイ部屋を清掃するのにも時間が必要ですから、プレイが終わってすぐに次の客を通すこともできませんし。そしてデリヘルの場合、女の子がホテルや自宅に到着するまで待たないといけませんね。客にとって、デリヘルはなんてったって女の子移動時間を待つことがかなりのネックになります。

また、「ピンサロ」は安価で手軽に遊べるサービスがウリでだからこそ、不必要なサービスを極力排除する傾向にあります。よくよく考えれば、「ピンサロ」にはシャワーの時間がありませんから、その分、すぐにサービスを客に提供できるわけです。要するに、「ピンサロ」はサービス以外の時間においても無駄がないからこそ、客の待ち時間も省略できるわけです。プレイ時間も短ければ、スタートダッシュが早いからこそ、「ピンサロ」で客が待つ可能性は非常に低くなるのです。

女の子と遊びたいと思っていても、待っている時間や準備の間に気持ちが萎えてしまうということも度々ありますから、風俗店での待ち時間ほど嫌なものはないですよね。「ピンサロ」は、待ち時間によってあなたのムラムラを冷ますことなく興奮を高めた状態でサービスを迅速に開始できることが強みなのです。

【ピンサロ利用で時間が節約できる理由③】基本的に予約不要

「ピンサロ」で特にお気に入りの女の子がいなければ、基本的にピンサロでの予約は不要です。つまり、ふらっとピンサロに立ち寄って気軽に遊べることが、「ピンサロ」の魅力の一つであります。
風俗における「予約」は何かと面倒です。サイトとにらめっこして時間をかけて女の子を選び、サイト予約や電話予約に時間をかけて、時に「来店確認」だと言われて前日にも当日にもお店に電話しなければいけない始末。あ~なんて風俗予約ってこんなにも面倒なのでしょう!ですが、「ピンサロ」はこんな面倒も手間も時間もかける必要なく、「そうだ、ピンサロ行こう」と思った時に行っていいわけです。「ピンサロ」こそがあなたの貴重な時間を最も大事にしてくれる存在なのであります!

【ピンサロ利用で時間が節約できる理由④】店舗にアクセスしやすい

「ピンサロ」って普通の飲食店や飲み屋が集まる繁華街にありますよね。一方で、ファッションヘルスやソープランドが繁華街にあるケースは限定的で、これら二つの業種は少し離れた場所に存在することが一般的です。実は、風俗店は風営法で営業可能な地域を制限されています。よって、人が多く集まるような公共性の高いエリアや、病院や学校などの建物があるエリアにおいて、風俗店は営業できないようになっているのです。しかしながら、ある風俗業種だけが風俗業における営業地域制限を受けにくい、という事実があります。それは「ピンサロ」です。というのも、「ピンサロ」はあくまでも飲食店という位置づけにあるので、キャバクラやクラブと同じ考えのもとで営業することができます。よって、「ピンサロ」は人が多く集まる繁華街や、ファッションヘルスやソープランドがないエリアであっても営業ができるのです。普通職種に混じって営業できることが「ピンサロ」の強みであると言えるんですね。

ファッションヘルスやソープランドなどの風俗店は、通常、営業エリアにおいて受ける厳しい規制を受けますから、必然的に風俗店は一部の地域(風俗営業可能エリア)に固まって営業するようになるわけです。よって、風俗店に行きたいならば、風俗営業可能エリアにある「風俗街」まで行かなくてはいけません。多くの場合、「風俗街」は駅から遠かったり、アクセスに不便だったりと、まぁ来店すること自体が面倒だと思うことは度々あるのです。
「ピンサロ」には「風俗営業可能エリア」のルールが当てはまりませんから、自然的にピンサロ店の立地条件がよくなるんですよね。ならば、ピンサロ客はピンサロ店にアクセスしやすいわけですよ。繁華街ならば電車に乗って徒歩数分でピンサロ店に行けますし。(ピンサロ店が繁華街にあるってことは、飲み屋や飲食店に立ち寄ることができますね。つまり、「ピンサロの前後に一杯ひっかける」なんてことができるわけです。これは楽しい楽しい。)
たとえ繁華街にないピンサロ店であっても、駐車場を完備しているピンサロ店は多いですから、無理なく車で来店することができます。

要するに、「ピンサロ」はプレイ時間においても客の時間を無駄にすることはありませんし、プレイの前後においても客の時間を無駄にすることはないのです。よって「ピンサロ」こそが、日本で最も客の時間を大事にしてくれる風俗業種である、と強く主張するわけです。

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ④】女の子と話すのが苦手な男性

人とのコミュニケーションが苦手な男性って一定数いますよね。特に相手が女性となると、緊張でガチガチになって会話が全くできなくなる男性もいるはず。だから、女性と少しでも話す必要がある風俗を敬遠しがちになってしまう…。そんな男性は絶対的にピンサロがオススメです!
「ピンサロ」の場合、女の子は短いプレイ時間の間で男性客を射精にまで導かなければいけないことを良く理解しています。そのため、トークよりもプレイを優先する傾向にあります。特に新規客に対しては、ピンサロ嬢はトークを挨拶程度にして、すぐにプレイに入るケースが多々あります。本指名客に対しては、すでにその本指名客が会話が苦手であることを熟知していますから、無駄にトークをすることはしません。つまり、ピンサロはプレイ時間が短いからこそ、必然的にトークの時間は短めになり、よって「女の子と話すのが苦手な男性」は心地よくサービスを受けることができる、ってわけです。
また、一部のピンサロ嬢においては、ピンサロ嬢自身も男性客と会話をすることが苦手だからこそ、数ある風俗業種の中から「ピンサロ」を選んだという背景が少なからずあります。つまり、会話を苦手とする男女は、お互いの不得意が一致しているからこそ、お互いに過ごしやすい時間を共有できるのであります。

一方で、60分以上のプレイ時間を基本とするヘルスやソープランドでは、プレイの序盤に会話をする時間が必ずあります。というのも、決して安いとは言えない金額のヘルスやソープランドにおいて、女の子は60分以上のプレイ時間が余らないように隅から隅まで時間を使い切ることを考えて行動します。よって、トーク時間は60分以上のプレイ時間を使い切るためにも重要視する項目の一つであるわけです。また、ヘルスやソープランドでは、トークによって客との関係を深めて「恋愛感」や「イチャイチャ感」を高めることで、同時にプレイの質を高めようと女の子は考えますから、嬢と客がトークすることは不可欠だという認識が一般的です。つまりヘルスやソープランドでは、男性客と女の子がトークをすることは避けては通れないのであります。となると、「女の子と話すのが苦手な男性」は、ヘルスやソープランドは少々精神的にきつさを覚えることもあるでしょう。

「会話が苦手ならば無理してしゃべる必要はない!」と割り切って利用できるのが、「ピンサロ」のいいところなんですよ。

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ⑤】女の子に一方的に攻められたい男性

「ピンサロ」は、主に女の子が男性を攻めることでサービスが成立します。男性の希望があれば、もちろん女の子を攻めることができますが、なんだかんだ言って、大半の時間は女の子が男性を攻めることに費やされます。なぜならば、(何度も言いますが)ピンサロ嬢は短いプレイ時間で男性客をイカせなければいけないから、男性客を攻めなければならないのです。
男性客の中には、女の子に一方的に攻められたいという願望を持つMっ気男性も多いはずです。また、潔癖症という理由で女性の体を攻める気になれない男性もいることでしょう。そのような「女性に攻めて欲しい」男性にとって、「ピンサロ」は非常にマッチする風俗業種であると言えます。

一方で、ヘルスやソープランドはプレイ時間が60分以上ありますから、風俗嬢と男性客は時間を余らせないためにも、お互いにプレイ内で攻守交替することが一般的です。風俗嬢が男性客を攻めるだけだと(逆もしかり)、60分以上のプレイ時間をうまく使い切ることが難しくなり間がもたない、なんてことも起こり得ます。

そもそも、男性が「女の子に一方的に攻められる」のならば、男性が射精するまでの時間はそれほど長くはいらないのです。よって、「女の子に一方的に攻められる」ことで射精に向かうという目標は、たとえプレイ時間が短い「ピンサロ」でも十分に叶うでしょう。「女の子に一方的に攻められたい男性」が、ヘルスやソープランドを利用することは、必要以上の無駄なお金と時間が発生するかもしれませんよ。ならばピンサロに行こうではありませんか!

【ピンサロをオススメしたい男性タイプ⑥】とにかくフェラしてもらえば満足する男性

風俗プレイにおいて、「フェラチオ」を重要視する男性ならば、絶対的に「ピンサロ」がオススメです。やはり、「ピンサロ」はフェラチオを主体とするサービスですから、フェラチオ重視の男性客にとてもマッチするでしょう。

一方で、ソープランドは本番行為がメインとなりますから、なかなかソープ嬢のフェラチオで射精にまで到達するのは難しいです。ヘルスでは最終的にフェラチオでの射精が可能ですが、口内射精をNGとする風俗嬢もいます。やはりフェラチオでの射精を確実に実行したいのであれば、「ピンサロ」がどの風俗業種よりも適していると言えます。

【まとめ】ピンサロは最も「気軽に」利用できる風俗業種なり!

「ピンサロ」は手軽に安く遊ぶことができる風俗店です。そのピンサロの特徴に男性客自身が合うかどうかを考えて、適切にピンサロを選ぶことで男性客の満足度は高まるでしょう。
とは言え逆に言うと、「風俗で長い時間遊びたい」「ちょっと豪華に遊びたい」「プレイ内容を充実させたい」という方には「ピンサロ」は向いていないとも言えます。そういう男性客は、ソープランドやヘルスなど、ピンサロ以外の風俗店を選択肢に入れて、自身の要望と状況に応じて適切に判断しましょう。

「ピンサロ」の良さって、「安さ」っていうよりやっぱり「気軽さ」なんですよね。風俗で遊びたいと思えば、お金を気にせず、「ピンサロ」ですぐに遊ぶことができます。普通の生活でなんとなくヌキたくなったり、ムラムラしてしまったりするときがあるでしょ?こんな時、ヘルスやソープランドはお金のことをやっぱり気にするじゃないですか。でも、「ピンサロ」はさほどお金の心配をせずに利用できるわけです。
また、友達や同僚と食事やお酒を飲食していて、「この後2軒目どうする?」ってなった時に、みんなで「気軽に」行けるのは、やっぱり「ピンサロ」なんですよ。「ピンサロ」は「団体割引」もあれば、回転率もいいですから複数人で利用できます。飲食でかなりお金を使ったとしても、「まぁピンサロ代ぐらいなら…」と行けるでしょう。これがソープランドやヘルスだったら、みんなで利用しにくいし、やっぱり出費が気になりますしね。

風俗において「安さ」を求めることは「ケチくさい」ことだと思う人もいるでしょう。しかしながら、風俗における「安さ」は、男性客に「気軽さ」という安心感をもたらしてくれます。その「気軽さ」をもたらしてくれることが「ピンサロ」の最大のメリットですから、よって「気軽に」風俗を利用したい男性に「ピンサロ」を強くオススメしたいのであります!

おすすめ風俗店情報

  • 池袋風俗|イケヌキ