大阪のピンサロ!人気、おすすめ店を紹介

9月1日更新
366件のお店を掲載中!

大阪×ピンサロ店舗一覧

大阪ピンサロ事情

大阪でピンサロが最重要視される理由

関西圏は「店舗型風俗店欠乏エリア」である!

代表的な店舗型風俗店と言えば、「ソープランド」「ファッションヘルス(店舗型ヘルス)」「ピンサロ」の3つが挙げられます。厳密に言えば「ピンサロ」は飲食店に分類されますが、ヌキありなのでしっかりと「風俗店」のジャンルに入れていいでしょう。ところで皆様は、関西圏(特に大阪・京都・和歌山・奈良)は「店舗型風俗店欠乏エリア」であることをご存じでしょうか?特に関西圏では「ソープランド」が他の都道府県と比べて非常に少ないのです!まず大阪、京都、奈良の3つの府県はソープランドが1店舗もありません。(ちなみに、兵庫は福原という巨大なソープエリアがありますから、ソープランド店はしっかりあります。そして和歌山にもソープランドが小規模ではありますが存在します。)ソープランドは法律上新規開店をすることがほぼできないですから、今後も大阪、京都、奈良にソープランドができる可能性はほぼないと言っていいでしょう。とは言っても、大阪にはかつてソープランド店がいくつもありました。しかしながら、大阪からソープランド店がすべて消滅する事態が起こったのです。それは1990年のこと。1990年に大阪にて「国際花と緑の博覧会」という国際博覧会が開催されることになりました。「国際花と緑の博覧会」とは、日本と83カ国の国々と、55の国際機関、212の企業や団体が参加し、最終的な総来場者数が2,000万人以上にものぼる、国際的な一大博覧会だったのであります。大阪はこの博覧会を安全に成功させるべくしっかりと準備をしていったわけですが、同時に大阪におけるソープランドの浄化作戦を決行することにしたのです。結果、「国際花と緑の博覧会」に合わせて大阪のソープランドはすべて消滅することとなったのです。一方で、京都と奈良もソープランドが1店舗もないわけですが、大阪からソープランドが消滅した1990年以前から、京都と奈良にはソープランドがありませんでした。やはり、京都と奈良には重要な観光名所や歴史的建造物が多くある「古都」であり、毎年多くの観光客がやってくることを考えると、風俗店が風紀を乱したり「古都」としてのネームバリューを下げたりすることは容易に想像できるわけです。街の美観を考えても「ソープランド」は似つかわしくない、そんな理由でソープランドが1軒もないことは容易に想像できます。では、「ソープランド」と同じく店舗型風俗店である「ファッションヘルス(店舗型ヘルス)」はどうなのかと言いますと、やっぱり関西圏は少ないですね。大阪の「ファッションヘルス」は東京のおよそ1/3の店舗数ですし、京都も大阪より当然数は少ないですし、奈良と和歌山に関しては店舗が0軒という有様です。そういうわけで、関西圏は「店舗型風俗店」に常に飢えている状況である、というわけです。では、関西圏の「ピンサロ」はどうなのでしょうか?

関西圏のピンサロ事情

大阪にはピンサロ店がファッションヘルス店と同じくらいあり、希望でいうと千葉ピンサロに匹敵します。つまり、「大阪ピンサロ」はあらゆる店舗型風俗店が少ない中でしっかり頑張っている、というわけです。ここで大阪の周りの府県を見てみますと、「京都ピンサロ」はいつ0軒になってもおかしくないくらい店舗数が少なく、「奈良ピンサロ」と「和歌山ピンサロ」にいたっては0軒です。ちなみにソープランドがある兵庫については、大阪ピンサロの1/2程度の規模でピンサロがあります。結論、「大阪ピンサロ」は関西圏最大のピンサロエリアなのであります!よって、関西全体におけるピンサロの流行や文化は「大阪ピンサロ」が作り出している、と言っても過言ではないわけで、関西ピンサロを制する=大阪ピンサロを制する、を断言できます。関西圏において店舗型風俗店の代表格として頑張り続ける「ピンサロ」、そして関西圏において最大規模をほこる「大阪ピンサロ」。だからこそ、「大阪ピンサロ」は風俗ユーザーから最重要視されるのであります!

大阪ピンサロの特徴

「大阪ピンサロ」は関西エリアで最も店舗数が多いピンサロエリアです。「大阪ピンサロ」の相場は全国的に見て、真ん中あたりに位置しており、「高くもなく安くもなく」という感じで5,000円~7,000円の間で利用できるピンサロ店が多いです。「大阪ピンサロ」の特徴として、[激安・格安ピンサロ店が少ないこと][スタンダードピンサロ店が少なくコンセプト店が多いこと][ビルにピンサロ店が入っていること]の3項目が挙げられます。まず、[激安・格安ピンサロ店が少ないこと]と[スタンダードピンサロ店が少なくコンセプト店が多いこと]について説明します。「大阪ピンサロ」は個性的なコンセプトを掲げたピンサロ店が少なく、結果的に、スタンダードなピンサロ店や激安・格安ピンサロ店が少ない傾向にあります。「大阪ピンサロ」は価格競争のような、ただ単に店が疲弊していくような戦いを避けて、「コンセプト」や「特別なサービス」に付加価値を加えて、あくまでもサービスの質や中身で店舗同士が競争している印象を受けます。結果的に、「大阪ピンサロ」は価格が値下がりしにくく、でもサービスと女の子の質が高い、という状況にあります。「大阪ピンサロ」はまさに商売上手な関西商人的なピンサロ経営であると言えます。次に、[ビルにピンサロ店が入っていること]についてですが、「大阪ピンサロ」においてほとんどのお店はビルに入っています。つまり、「大阪ピンサロ」には路面店のピンサロがほとんどないのです。大阪では特定のビルにピンサロ店が複数入っていることも珍しくなく、「ピンサロ総合デパート」と名付けていいほどの巨大ピンサロビルがあります。これは先に説明した通り、大阪の自治体が店舗型風俗店に厳しめであることが影響していると言っていいでしょう。特にピンサロは建前として飲食店という立ち位置で営業しており、法律上グレーの部分を常に綱渡りしている状況であります。つまり、ピンサロはたとえ摘発されても言い訳できないような経営が当たり前なのです。ですから、ピンサロ店は店を守るために目立たないようすべきですから、「大阪ピンサロ」は路面店ではなくビルに入るテナントとして生き延びていく手法を取ったのでしょう。結果的に、特定のビルに多くのピンサロ店が集中していますから、利用客からすれば非常にアクセスがよく、現地に行ってからどこのピンサロ店を利用するか決めることができる、というメリットに結びついています。そんな「大阪ピンサロ」は主に「京橋ピンサロ」「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」の4つのピンサロエリアで構成されています。最も規模が大きいのは「京橋ピンサロ」であり、「京橋ピンサロ」が大阪ピンサロをリードし、常に関西ピンサロの流行の発信地となっていると言っても過言ではないでしょう。そして、「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」は「京橋ピンサロ」の影響を強く受けていることも特筆すべき点です。「京橋ピンサロ」「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」においては、料金システムやサービスなどに大きな差は見られず、地域差というものをあまり感じません。ですので「京橋ピンサロ」のやり方を踏襲する形で、「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」は存在していると言っていいでしょう。

京橋ピンサロの特徴

「京橋ピンサロ」は、大阪府大阪市都島区の「片町エリア」と都島区の「東野田町エリア」の2エリアを拠点とするピンサロエリアです。「京橋ピンサロ」の最寄駅は、「片町ピンサロ」と「東野田町ピンサロ」と共に「京橋駅」であり、JR西日本・京阪本線・長堀鶴見緑地線の3つの鉄道が乗り入れておりアクセスするのに非常に好都合です。「片町ピンサロ」も「東野田町ピンサロ」も、ピンサロ店は「京橋駅」から徒歩圏内にあります。さらに「京橋ピンサロ」が大阪府内の中でもとりわけ店舗へのアクセスがいい理由は、ほとんどの「京橋ピンサロ」のお店が、特定のビルに集中して入っているからです。一つのビルに行けば、多くのピンサロ店をまわることができますから、まさにピンサロの総合デパートなる巨大施設が京橋エリアに出来上がっているというわけです。そして「京橋ピンサロ」は、大阪府内においても関西圏においても最大規模を誇るピンサロエリアでもあります。ですから、「京橋ピンサロ」は関西ピンサロにおいて最重要ピンサロエリアと位置付けることができます。「京橋ピンサロ」の最大の特徴は、多くのお店が「個性的なコンセプト」を打ち出しているということ。時にその「個性的なコンセプト」はピンサロの域を超えて「シチュエーションプレイ」の域に到達するほどです。あえて言うならば、「片町ピンサロ」はスタンダードなピンサロ店が多く、「東野田町ピンサロ」は独自のサービスを展開するコンセプト店が多いです。「京橋ピンサロ」のプレイ最低料金は4千円台~9千円台と幅広いですが、この理由はまさに「個性的なコンセプト」のピンサロ店における「シチュエーションプレイ」が割高になっているからであります。ただし、京橋エリアのピンサロ店の多くは、最低料金ではピンサロプレイの一部しか体験できません。やはり、ピンサロプレイを濃密に楽しむためには、少なくとも40分以上のコースを選択する必要があります。ですから、「京橋ピンサロ」にてできる限り安く済ませようとすると、サービスに対して物足りなく感じて満足度が半減する可能性があります。「片町ピンサロ」と「東野田町ピンサロ」について違いを説明しておきます。「片町ピンサロ」には、スタンダードなピンサロサービスを提供する一般的なピンサロと、コスプレサービスやシチュエーションプレイが楽しめるコンセプト系のピンサロの両方があります。基本的に「片町ピンサロ」では、スタンダードピンサロのほうがコンセプト系ピンサロよりもお安くなりますから、コスパを重視される方は迷わずスタンダードピンサロを利用すべきでしょう。普通のピンサロサービスでは物足りなくなってきたときに、コンセプト系ピンサロを利用すればマンネリ化が防げます。ただし、コンセプト系ピンサロの価格は、時に普通のピンサロの倍ほどの料金になることも珍しくありませんからその点はお見知りおきを。「東野田町ピンサロ」は、「片町ピンサロ」とは逆で、コンセプト系ピンサロの数が圧倒的に多いです。ですから、「東野田町ピンサロ」においても時にプレイ料金が6,000円を超えて9千円台に突入することも珍しくありません。ただ、それなりに高い料金を払ってでも受けたいと思えるほどの質の高いサービスを提供してくれるのが、「東野田町ピンサロ」の特徴であると言えます。例えば、「東野田町ピンサロ」には「M性感」と「ピンサロサービス」を合わせたようなハイブリッド式のお店があります。そういう特殊なピンサロ店の料金はやはり値が張りますが、他のエリアではなかなか体験できないプレイのオンパレードですから、大変満足される男性客もさぞ多いことでしょう。「京橋ピンサロ」におけるこの「個性的お店が多い」という特性は、大阪府内全域に波及していき、もはや大阪府内全体のピンサロ店の特性として成立しています。つまり「大阪ピンサロ」では、お店が特殊なコンセプトを掲げて「個性を持つこと」は、特に変わったことではなく、もはや大阪エリアでは「個性的であること」がスタンダードとなりつつあるわけなのです。「京橋ピンサロ」こそが、そのようなニューノーマルを築いたと言っても過言ではないでしょう。「大阪ピンサロ」の本質を知りたいならば、迷うことなく「京橋ピンサロ」に行けばいいでしょう。

堺東ピンサロの特徴

「堺東ピンサロ」は、大阪府堺市堺区の「南花田口エリア」を拠点とするピンサロエリアです。「ピンサロ」の最寄駅は南海電気鉄道高野線の「堺東駅」で、各店舗は徒歩5分ほどの圏内にあるのでアクセスはいいと言えます。「堺東ピンサロ」の特徴は、ほとんどのピンサロ店が同一のビルに入っていることです。そのため、「堺東ピンサロ」の各店舗に取りあえず行くということであれば、一つの特定のビルに向かえばもう到着です。同じビルにたくさんのピンサロ店が入っていることは、さらにアクセスを良くするので、ピンサロユーザーからしたら非常に楽です。「堺東ピンサロ」の店舗数は、「京橋ピンサロ」に次いで多いので、ピンサロ利用を考えている男性からすれば、「堺東ピンサロ」は利用候補として上位に挙がってくることでしょう。「堺東ピンサロ」の特徴は、関西エリアでもっともピンサロ店が多い「京橋ピンサロ」にて店舗運営をしているグループが多く「堺東エリア」に進出していることです。つまり、「堺東ピンサロ」は「京橋ピンサロ」で培われたノウハウをいかんなく発揮して、ピンサロユーザーの満足度を上げてくれるお店が多い、というわけです。「堺東ピンサロ」の料金相場は「京橋ピンサロ」とほぼ変わらない、と言っていいでしょう。「堺東ピンサロ」の最低料金は、20分のプレイ時間で「5,000円以内~6,000円程度」です。ただし、「堺東ピンサロ」にてしっかりと内容の濃いサービスを受けたいならば、プレイ時間は30分~40分以上を選んだほうがいいでしょう。最低料金で「堺東ピンサロ」を利用するとなると、プレイも最低限の内容となり、男性客の満足感を満たしてくれない可能性もあります。「堺東ピンサロ」は、個性的なコンセプトを掲げるお店が多くあります。例えば、「JKピンサロ」「ナースピンサロ」「電車ピンサロ(男性客が女の子と電車に乗り合わせるシチュエーションを楽しめる)」が、堺東エリアにあります。全国のピンサロエリアと比較しても、「堺東エリア」のように豊富に「コスプレ店」と「コンセプト店」が集うエリアはとっても稀で貴重であります。(逆に言えば、堺東エリアにはいわゆるスタンダードなピンサロ店は少なめです。)ですから、「堺東エリア」では普段スタンダードピンサロではできない「シチュエーション・ピンサロプレイ」を楽しむことができるのです。「堺東ピンサロ」で「シチュエーション・ピンサロプレイ」を心ゆくまで楽しむためには、「恥ずかしさを捨てること」が必要となります。というのも、「シチュエーション・ピンサロプレイ」において、ピンサロ嬢は仕事として与えられた役柄をしっかりと全うしてくれますが、同じく男性客も与えられた役柄を振り切って全うしなければなりません。例えば、ピンサロ嬢がJKコスプレを着ているならば(シチュエーションが学園ならば)、男性客はピンサロ嬢の「同級生」か「先生」の役柄を全うすべきですし、ピンサロ嬢がナースコスプレを着ているならば(シチュエーションが病院ならば)、男性客は「患者」か「医者」の役柄を全うすべきですし、シチュエーションが電車ならば、男性客はピンサロ嬢と同じ電車に乗り合わせた「乗客」か「車掌」の役柄を全うすべきです。でないと、せっかくの「シチュエーション・ピンサロプレイ」を男性は楽しむことができません。この点を考えると、(まだまだ恥ずかしさがある)ピンサロ初心者にとって「堺東ピンサロ」は少し敷居が高いものに感じるかもしれませんね。でも大丈夫!男性客が要望を言えばピンサロ店はなるべくその要望に従ってプレイを進めてくれますから。ピンサロ初心者は、たとえ女の子のコスプレをしていても、「普通のピンサロプレイをお願いします」と言えば大丈夫です。コスプレ店・コンセプト店であってもいわゆるスタンダードなピンサロを楽しむことができますよ!

梅田ピンサロの特徴

「梅田ピンサロ」は、大阪市北区の「兎我野町エリア」または「曾根崎エリア」を拠点とするピンサロエリアです。「梅田ピンサロ」の最寄駅は 阪急電鉄の「大阪梅田駅」やJR線の「梅田駅」です。距離的には、駅から「梅田ピンサロ」まで徒歩10分圏内です。「兎我野町エリア」のピンサロ店も「曾根崎エリア」のピンサロ店もすぐ近くにあり、エリアの地区名が違うからといってお店が離れているわけではありません。「兎我野町ピンサロ」も「曾根崎ピンサロ」もともにビルに店舗が入っています。「梅田ピンサロ」の特徴は、「コスプレピンサロ」のお店が多いことです。例えば、特定のコスプレに限定せずに様々な種類のコスプレを扱っているピンサロ店や、JK制服をコンセプトとするJKコスプレピンサロ店があります。「梅田ピンサロ」は最も短い20分コースで5,000円以内で遊ぶことができますが、内容の濃いサービスを楽しむならば40分以上のコースを選択する必要があります。40分以上のコースの場合、「梅田ピンサロ」の料金は1万円を超えるので、男性客によってはピンサロだけでなくヘルスの利用も選択肢に入ってくるでしょう。「梅田ピンサロ」においても、「京橋ピンサロ」と「堺東ピンサロ」と同様にスタンダードなピンサロは少ないと言えます。ですから、純粋にピンサロプレイのみを求めるユーザーからすれば「梅田ピンサロ」はアンマッチとなる可能性があります。「梅田ピンサロ」では、指名料がお得になる時間帯がある「タイムサービス」を行っていますから、気になるピンサロ嬢を指名したい方はこのサービスを使わない手はないでしょう。「梅田ピンサロ」は「京橋ピンサロ」や「堺東ピンサロ」よりも店舗数が少ないピンサロエリアですが、「梅田エリア」自体風俗業が盛んなエリアですから、風俗店の競争が熾烈を極める場所にある「梅田ピンサロ」のサービスの質はかなり高いと言っていいでしょう。

日本橋ピンサロの特徴

「日本橋ピンサロ」は、大阪市中央区の「千日前エリア」を拠点とするピンサロエリアです。「日本橋ピンサロ」の最寄駅は 大阪市高速電気軌道の「堺筋線」と「千日前線」の「日本橋駅」で、店舗は徒歩(数分の)圏内にあるのでアクセスはいいと言えます。「日本橋ピンサロ」の特徴は、関西エリアで最も大きいピンサロエリアである「京橋ピンサロ」にて店舗を出している大手ピンサログループが同系列のピンサロ店を出していることです。そのため、「日本橋ピンサロ」のサービスの質は確かだと言えるでしょう。「日本橋ピンサロ」は、「電車ピンサロ(男性客が女の子と電車に乗り合わせるシチュエーションを楽しめる)」が好評で、ピンサロ以上のプレイを楽しめる「シチュエーション・ピンサロプレイ」が主となります。「シチュエーション・ピンサロプレイ」は、先にも説明しましたが、男性客も設定に合わせてしっかりと役柄を演じ切らないとあまり楽しめませんから、ピンサロや風俗に慣れていない男性客にとって「日本橋ピンサロ」は少し敷居が高いかもしれません。「日本橋ピンサロ」は店舗数が少ないですから、「日本橋駅」から「京橋駅」までは電車でわずか1~2分ほどで移動できることを考えれば、ピンサロ店の数が多い「京橋ピンサロ」の利用も選択肢に入れるといいですね。「日本橋ピンサロ」の料金相場は「京橋ピンサロ」とほぼ同じですしね。

大阪ピンサロのオススメポイント(メリット)

【メリット①】「大阪ピンサロ」は高くもなく安くもないけど、女の子とサービスの質が確かだ!

「大阪ピンサロ」は、関西随一のピンサロエリアですから、関西中から質の高い女の子が集まってきます。ですから、「大阪ピンサロ」ではあまり女の子の質について心配することはないでしょう。そして、「大阪ピンサロ」には以前から知られた名店ばかりが揃っていますから、サービスの質の心配もご無用でしょう。特に「大阪ピンサロ」は、人気店がエリアをまたいで複数のお店を出しているケースも多々あります。というわけで「大阪ピンサロ」は、女の子の質もサービスの質もそれなりに高いですから、プレイ料金も質に見合う分の額となる、ことは必然なのであります。確かに、「大阪ピンサロ」には激安と言えるほどに安いピンサロ店はありませんが、質が高いことを考えると、これ以上に「大阪ピンサロ」にコスパを求めるのはナンセンスの話かと思いますぞ。

【メリット②】「大阪ピンサロ」には個性的なお店がたくさんあって異次元のピンサロ体験ができる!

「大阪ピンサロ」は個性的なサービスを提供しているピンサロ店が多くあります。一つに、電車の車内をモチーフにした人気ピンサロ店があります。そのピンサロ店がどういうサービスを提供しているか簡単に説明しましょう。まず、電車の車内をモチーフとした室内に数人の女の子が「乗車」しています。その車内に複数人の客が「乗車」します。そして、男性客は乗車している女の子に対してライトなおさわり(服の上から体を触る程度)をすることができます。こうして男性客は順番に乗車している女の子と対面して、ピンサロサービスをしてもらう女の子を決めるのであります。つまりこのピンサロ店は、ピンサロプレイに入る前の、女の子へのお触りタイムを通して気になる女の子を選択する、というシステムを採用しているんですね。このような個性的システムを採用したピンサロ店が、大阪には実に多くあるのです。「大阪ピンサロ」は「ピンサロプレイ」に何か+αの要素を加えていることが当たり前なのです。結果的に「大阪ピンサロ」では一般的なピンサロサービス以上の特別サービスを提供してもらえるのです。(その分、ピンサロ料金が高くなってしまうということも言えますが…)大阪に行ったら、ぜひとも「大阪ピンサロ」で異次元のピンサロ体験をしてくださいませ!

【メリット③】「大阪ピンサロ」に地域差はあまり見られないから近くのピンサロエリアに行ってもいいぞ!

ピンサロエリアでよく見られるのが、大きな規模のピンサロエリアと小さな規模のピンサロエリアにおける「差」です。例えば、大規模なピンサロエリアでは店舗数が多いために価格競争が起きやすく、プレイ料金が安くなる傾向にあります。また、大規模なピンサロエリアには女性が集まりやすく、ピンサロ嬢の質の高くなる傾向にあります。対して小規模なピンサロエリアは、店舗数が少なくてプレイ料金が割高になる傾向にあり、女の子が集まりにくくピンサロ嬢の質が低下しがちです。では「大阪ピンサロ」はどうなのでしょう?「大阪ピンサロ」は、「京橋ピンサロ」「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」の4つのエリアで構成されていると先に申し上げました。この4つのピンサロエリアには、プレイ料金における価格差もあまり見られなければ、システムにおける大きな違いもあまり見られません。というのも、「京橋ピンサロ」で繁盛している人気店が、近場のエリアに進出しているケースが多いからです。「京橋ピンサロ」で成功を収めたお店が、2号店、3号店と他エリアでお店を増やしていくのです。結果、「大阪ピンサロ」全域にて、店舗の足並みが揃う形となり、料金システムや女の子やサービスの面において「差」が出にくくなるのであります。ですから、ピンサロ店が多い「京橋ピンサロ」の利用を重要視する必要はなく、近場にある「堺東ピンサロ」「梅田ピンサロ」「日本橋ピンサロ」を利用しても十分にユーザーは満足できるはずです。「大阪ピンサロ」は全域においてレベルが高いことが大きなメリットなのであります。

大阪ピンサロの楽しみ方

「大阪ピンサロ」は食わず嫌いの精神ではなく、チャレンジ精神を持っていろいろなピンサロ店を利用してみましょう。必ずや今までに体験したことのない特別なピンサロ体験を得られるはずです。特に、大阪府に在住していない男性は、旅行や出張などで大阪に来た場合は、ぜひとも「大阪ピンサロ」を利用してもらいたいです。そしてなるべくならば、特殊なコンセプトを掲げるピンサロ店にチャレンジしてみてください。そういうコンセプトピンサロ店は、ピンサロプレイに入る前の前戯プレイが特に楽しめます。男性によっては前戯プレイでしっかり興奮できて、次のピンサロプレイにて最高の快感を得ることができるでしょう。大阪には、(決して関東では見られないような)関西文化で培われたピンサロ文化が存在します。その関西風のピンサロ文化に一度も触れないことは、男にとって不幸の何ものでもない、と断言できます。